咖啡日语论坛

 找回密码
 注~册
搜索
查看: 1986|回复: 1

リチウムイオン電池業界規範条件という文書を日訳したが

[复制链接]
发表于 2015-11-13 11:26:20 | 显示全部楼层 |阅读模式
以下の文書を翻訳したが(中文から日文)、翻訳品質が非常に悪いと指摘されました。校正後の資料を要求したが、なかなか送付してくれない。どこか問題あるかを皆さんに確認していただきたいです。よろしくお願いいたします。

リチウムイオン電池業界規範条件
 リチウムイオン電池業界の管理を強化し、産業のモデルチェンジとグレードアップを行うよう導き、戦略的新興産業の育成に努め、リチウムイオン電池業界の健全な発展を促進するため、国家の関係法律・法規及び産業政策に基づき、レイアウト最適化、秩序規範化、品質確保、安全的管理、イノベーション推進、分類別指導という原則を基に、本規範条件を定める。
一、産業のレイアウト及びプロジェクトの設立
(一)リチウムイオン電池業界の企業及びプロジェクトは国家資源開発利用、環境保全、省エネ管理等の法律・法規の要求と一致し、国家産業政策及び関係産業発展計画とレイアウトの要求と一致し、現地の土地利用全体計画、都市全体計画、環境機能区画と環境保全計画等の要求と一致しなければならない。
(二)国家の法律・法規・規則及び計画で確定され、又は省級以上の人民政府に承認された基本農地保護区、自然保護区、飲料用水源保護区、生態機能保護区等の法律・法規で工業企業を建設してはいけないと規定された区域においてリチウムイオン電池業界に関するプロジェクトを建設してはいけない。上述区域における既存企業は段階分けて移設しなければならない。
(三)単なる生産能力の拡大を図り、技術レベルが低いままのリチウムイオン電池業界プロジェクトの新設を厳格に制御する。技術革新の推進、製品品質の向上、コストダウンのために確かに必要な新築・改築・増築プロジェクトについて、業界の管理部門は関係規定に従って論証する。
二、生産規模及びプロセス技術
(一)企業は以下の条件を備えなければならない。
中華人民共和国境内で法に照らして登録・設立し、独立行政法人の資格を有すること。リチウムイオン電池業界の関係製品を自ら生産・販売・サービスする能力を有すること。ハイテク企業の認証を受け、又は省級以上の独立な研究開発機構、技術センターを有すること。主要製品は技術的発明に関する特許を持っていること。
(二)企業は以下の規模要求を満たさなければならない。
電池の年間生産能力は1億ワット時以上。
正極材料の年間生産能力は2000トン以上。
負極材料の年間生産能力は2000 トン以上。
セパレーターの年間生産能力は2000万平方メートル以上。
電解液の年間生産能力は2000トン以上で、電解質の年間生産能力は500トン以上。
企業申告時に前年生産量の実績は実際の生産能力の50%より低くなってはいけない。
(三)企業はプロセスが進んでおり、省エネと環境保全を実現し、安全性と安定性を確保し、自動化程度の高い生産プロセスと設備を使用し、電極製造及び電極の巻回と積層等肝心な工程で自動化設備を使用し、液体注入時に温度・湿度と清潔度等環境条件への制御ができ、有機溶剤回収システムを備えなければならない。プロセス、設備及び関連施設は以下の要求を満たさなければならない。
1、電池正極・負極材料における鉄、亜鉛、銅等金属の有害不純物の検出能力を有し、検出精度が1ppm以上であること。
2、コーティング厚みと長さの測定手段を有し、コーティング厚みの測定精度が2μmで、コーティング長さの測定精度が1mm以上であること。
3、電池電極剪断後に発生したバリのサンプリング・検出能力を有し、検出精度が1μmであること。
4、電池電極乾燥後の含水量のサンプリング・検出能力を有し、検出精度が10ppmであること。
5、電池電極巻回・積層後の揃える程度のサンプリング・検出能力を有し、検出精度が0.1mm以上であること。
6、電池組立後の内部短絡オンライン検出能力を有すること(例えば、HI-POTテストを使用)。
7、マルチコア型組電池の単電池は開回路電圧と内抵抗オンライン検出能力を有し、検出精度がそれぞれ1mV と1mΩであること。
8、保護ボード機能オンライン検出能力を有すること。
三、製品品質及び性能
製品品質は関連する国家基準又は業界基準を満たし、国際連合「危険物輸送に関する勧告-試験と判定基準マニュアル」第III 部分38.3節で定める試験に合格しなければならない。国家又は業界基準より厳しい企業基準を定めるよう企業を励ます。 企業は品質マネジメントシステムを確立して認証を受け、それ相応な製品品質トレーサビリティ仕組みを作らなければならない。品質検査部門と専任の検査員を備えなければならない。
企業の品質マネジメントシステムは一般要求以外に、以下の内容を含めなければならない。プログラム制御は電池製造過程に内部短絡故障の発生を防止・発見する関連活動、国際連合「試験と判定基準マニュアル」第III 部分38.3節で定める試験に合格しない場合の制御措置を含むこと。
リチウムイオン電池製造企業は関連基準で定める電気的性能とセキュリティーの検出能力を持たなければならない。環境適合性の検出機器及び設備を備え、電池の環境適合性検出能力を持つよう企業を励ます。
(一)電池
1、消耗型単電池のエネルギー密度が≥150Wh/kgで、組電池のエネルギー密度が≥120Wh/kgで、ポリマー単電池の体積エネルギー密度が≥550Wh/Lである。サイクル寿命が≥400 回で、且つ容量保持率が≥80%である。
2、動力用電池はエネルギー型と出力型に分けられ、そのうち、エネルギー型単電池のエネルギー密度が≥120Wh/kgで、組電池のエネルギー密度が≥85Wh/kgで、サイクル寿命が≥1500回で、且つ容量保持率が≥80%である。出力型単電池の出力密度が≥3000W/kgで、組電池の出力密度が≥2100W/kgで、サイクル寿命が≥2000回で、且つ容量保持率が≥80%である。電動自転車用組電池のサイクル寿命が≥600回で且つ容量保持率が≥80%で、動力工具用組電池のサイクル寿命が≥500回で且つ容量保持率が≥80%である。
3、エネルギー貯蔵型単電池のエネルギー密度が≥110Wh/kgで、組電池のエネルギー密度が
≥75Wh/kgで、サイクル寿命が≥2000回で且つ容量保持率が≥80%である。
(二)正極材料
比容量は2032型ボタン電池の評価結果を用い、サイクル寿命は18650 型の評価結果を用いる。
1、コバルト酸リチウムの比容量が≥ 150Ah/kg で、磁性不純物含有量が≤100ppbで、サイクル寿命が300回迄で、且つ容量保持率が≥80%である。
2、マンガン酸リチウムの比容量が≥95Ah/kgで、磁性不纯物含有量が≤100ppbで、サイクル寿命が300回迄で、且つ容量保持率が≥80%である。
3、燐酸鉄リチウムの比容量が≥140Ah/kgで、サイクル寿命が800回迄で、且つ容量保持率が
≥80%である。
4、三元系材料の比容量が≥150Ah/kgで、磁性不純物含有量が≤100ppbで、サイクル寿命が300 回迄で、且つ容量保持率が≥80%である。
5.その他の正極材料の性能指標は上述要求を参考すれば可とする。
(三)負極材料
比容量は2032 型ボタン電池の評価結果を用い、サイクル寿命は18650 型の評価結果を用いる。
1、炭素(カーボン)材料の比容量が≥320Ah/kgで、磁性不純物含有量が≤100ppbで、サイクル寿命が300 回迄で、且つ容量保持率が≥85%である。
2、チタン酸リチウム材料の比容量が≥150Ah/kgで、磁性不纯物含有量が≤100ppbで、サイクル寿命が1000回迄で、且つ容量保持率が≥80%である。
3、シリコン炭素複合材料の比容量が≥400Ah/kgで、磁性不纯物含有量が≤100ppbで、サイクル寿命が300回迄で、且つ容量保持率が≥80%である。
4、無定形炭素負極材料(ソフトカーボン、ハードカーボンを含み)の比容量が≥250Ah/kgで、初回効率が>80%で、サイクル寿命が1000回迄で、且つ容量保持率が≥80%である。
5、その他の負極材料の性能指標は上述要求を参考すれば可とする。
(四)セパレーター
乾式一軸延伸法の場合、縦方向の引張強度が≥110Mpa(120℃, 1h)で、熱収縮率が≤6%で、横方向の引張強度が≥10Mpa (120℃, 1h)で、横方向の熱収縮率が≤1%で、縦方向の熱収縮率≤6%で、穿刺強度が≥1.33 N/μmで、気孔率が(30-70)%で、通気度が (100-750)s/100mlである。


回复

使用道具 举报

 楼主| 发表于 2015-11-13 11:27:05 | 显示全部楼层
乾式二軸延伸法の場合、縦方向の引張強度が≥100Mpaで、横方向の引張強度が≥25Mpa (120℃, 1h)で、熱収縮率が≤5%で、穿刺強度が≥1.33N/Μmで、気孔率が (30-70)%で、通気度が (150-750)s/100mlである。
湿式二軸延伸法の場合、縦方向の引張強度が≥100Mpaで、横方向の引張強度が≥60Mpa (120℃, 1h)で、熱収縮率が≤13%で、穿刺強度が≥2.04N/Μmで、気孔率が (30-70)%で、通気度が (150-600)s/100mlである。
(五)電解液(電解質を含み)
水含有量が20ppm以下で、フッ化水素が50ppm以下で、金属不純物の含有量が一種類当たり1ppm以下である。
四、資源の総合的利用及び環境保全
(一)企業及びプロジェクトの用地は国家より公布された土地使用基準に一致し、農地保護を厳守し、集約用地を節約しなければならない。
(二)企業の生産設備、プロセスのエネルギー消費量と製品は省エネーに関する国家の各法律法規と基準の要求を満たさなければならない。企業は省エネ専従部署を設立し、製品の原単位指標を定め、エネルギー消費台帳を作らなければならない。
(三)新築、改築及び増築のプロジェクトは環境アセスメント制度を厳格に実施し、環境アセスメントの審査に不合格な企業とプロジェクトが工事を始めて建設してはいけない。環境保全「三同時」の要求に従って、企業又はプロジェクトの付属環境保全施設は法律に照らしてプロジェクト竣工時の環境保全検収を申し出なければならなく、検収に合格してから初めて生産運転開始できる。環境アセスメント書類が承認された後、主要汚染物排出総量指標を取得しなければならない。企業は健全な企業環境管理機構を有し、有効な企業環境管理精度を定め、企業環境保全台帳を作成し、クリーン生産監査を定期的に行い、評価・検収を通過しなければならない。
(四)企業は環境保全に関する法律法規の要求に符合し、法に照らして汚染物排出許可証を取得し、汚染物排出許可証の要求に従って汚染物を排出しなければならない。廃気、廃水の排出は国家と地方の大気及び水汚染物排出基準と総量制御要求に符合し、生成した工業固体廃棄物は法に照らして保管、処理又は総合的利用を実施しなければならない。
(五)企業は環境影響報告書(表)及びその返答意見、国家又は地方の汚染物排出(制御)基準、環境監視測定技術規範の要求に従って、自主監視測定方案を作り、監視測定活動を実施して要求に応じて監視測定情報を公開しなければならない。
(六)企業は環境リスク予防制御活動を強化し、環境突発事件の緊急対応策を講じ、廃気、廃水の通常排出等による環境突発事件をタイムリーに報告すると同時に有効的に対応しなければならない
五、安全管理
(一)企業及びプロジェクトの建設は「安全生産法」等の法律、法規、基準要求に符合しなければならなく、それぞれの要求が一致しない場合に、そのうちの一番厳しい安全基準又は規範に従わなければならない。
(二)企業は安全管理部門と安全専従部署を設立し、作業員の安全生産教育と隠れたリスクの洗い出し・是正活動を強化し、安全生産責任制度を確立した上で健全化して定着させ、適切な安全台帳制度を作り、製品安全品質トレーサビリティ手段を有し、製品の安全に関わる肝心な原材料、肝心なコンポーネントの品質、肝心なプロセス工程に対する制御措置を持たなければならない。安全生産標準化の建設を行い、且つ三級以上に達成しなければならない。
(三)企業が電池の設計、生産、貯蔵、輸送、使用と回収を行う際に、関連法規、安全要求と基準に符合し、各工程の安全制御手段を積極的に取り、リチウムイオン電池に関する安全認証を取得しなければならない。航空輸送されるリチウムイオン電池は国際民用航空組織の「危険物の航空安全輸送に係わる技術指針」と中国民用航空局の「中国民用航空危険品運輸管理規定」に関する要求に符合し、「リチウム電池航空運輸規範」(MH/T 1020)と「リチウム電池航空運輸試験規範」(MH/T 1052)に符合しなければならない。
(四)メーカーは火災、爆発、発煙等が発生する恐れのある危険場所に対して、防火、爆発防止、換気等の必要な措置を取り、それ相応な人身保護具を備え、関係者の教育考課仕組みを作らなければならない。
六、衛生と社会的責任
(一)企業は「職業病予防治療法」等に関する法律、法規と基準を遵守しなければならない。
(二)企業は法に照らして職業病危害の予防治療措置を実行し、重大危険源に対して検出、評価、監視制御の措置と緊急対応策を有し、必要な器材と設備を備えなければならない。
(三)企業は国家の関連法律法規を遵守し、法に照らして養老、失業、医療、公傷等の各保険に入り、従業員のために必要な保険料を納めなければならない。
七、監督と管理
(一)新築、改築、増築を行う企業及びp「虚ジェクトは本規範条件の要求を満たさなければならない。
(二)規範条件を満たしていない既存企業及びプロジェクトは、産業のモデルチェンジとグレードアップに関する要求に基づいて、国家産業政策の指導の下で、合併再建、技術改造等の方式によって、なるべく早く本規範条件の要求を満たすようにしなければならない。
(三)企業及びプロジェクトに対する投資、用地供給、環境評価、省エネ評価、品質監督、安全管理、融資等の管理は本規範条件に従わなければならない。本規範条件を満たさない企業及びプロジェクトは、関連製品の航空・物流輸送、輸出戻し税、国内適用支援等の政策を享受できない。
(四)企業は自由意思によって本規範条件に基づいて申告資料を作成し、属地主義の原則によって省級工業情報化主管部門経由で工業情報化部に報告・送付する。各級の工業情報化主管部門は関係部門と共同で現地企業の本規範条件の実行状況に対して監督・検査を実施する。工業情報化部は業界機構、検査機構を集めて企業に対して検査を実施し、本規範条件を満たした企業一覧表を定期的に公告し、関係部門と共同で関係機構を集めて公告された企業の製品を市場から抜き取って検査し、社会より監督と動的管理を実施する。
(五)公告された企業は下記いずれか一つに該当する場合に、その被公告資格を撤回する。
1、資料の作成・報告時に嘘を作ったりする行為がある
2、監督・検査を受け入れない
3、規範条件の要求を続けて満たすことができない
4、安全と環境汚染に関する業務上過失による重大事故が発生した
5、法律、法規と国家産業政策の規定に違反した
申告企業が資料の作成・報告時に嘘を作ったりした場合に、二年間以内にそれの申告資料を受け付けない。
工業情報化部は企業の被公告資格を撤回しようとする場合に、事前に関係企業に通知し、企業の陳述と弁明を聴取しなければならない。
(六)関連業界団体、研究機構、検査機構は業界主管部門と協力して本規範条件の実行及び監督・検査を行い、企業の協調性と自律管理を強化する。
八、附則
(一)本規範条件は中華人民共和国境内(台湾、香港、澳門地区を除き)における全類型のリチウムイオン電池業界の上流・下流生産企業に適用し、正極材料、負極材料、セパレーター、電解液(電解質を含み)、電池等の生産企業を含む。本規範条件に記載された電池は、特に何も指していなければ、通常は単電池(セル)、組電池(電池システムを含み)を含む。
(二)本規範条件に関わる法律・法規、国家基準と業界関連政策が改訂された場合、改訂後の規定に従う。
(三)自動車用リチウムイオン動力電池は本規範条件の要求を満たす以外に、「自動車動力蓄電池業界規範条件」の要求を満たす必要もある。
(四)本規範条件は2015 年10 月1 日より実施し、工業情報化部は解釈の責任を持ち、業界の発展状況とマクロ調整の要求に応じて、関係部門と共同で適時に改訂する。
回复 支持 反对

使用道具 举报

您需要登录后才可以回帖 登录 | 注~册

本版积分规则

小黑屋|手机版|咖啡日语

GMT+8, 2019-7-18 01:29

Powered by Discuz! X3.4

© 2001-2017 Comsenz Inc.

快速回复 返回顶部 返回列表