咖啡日语论坛

发表于 2017-10-8 17:36:55 | 显示全部楼层 |阅读模式
38(4)
彼女が何を言っているのか僕にはやっと理解することができた。一瞬にして背筋が凍りついた。僕はそれ以上口をきくことができなかった。僕は霧雨の中でじっと体をこわばらせたままユキの顔を見ていた。いったいどうすればいいんだろう、と僕は思った。何もかもが致命的にいびつに歪んでいる。何もかもが僕の手に負いきれなくなってしまっている。
「ごめんね。こんなこと言うべきじゃなかったのかもしれない」とユキは言った。そして深い溜め息をついた。彼女は僕の腕を握りしめていた手をはなした。「正直いって、私にはわからないのよ。私はそれを事実だと感じるけれど、それが本当に事実なのかどうかは私にも確信が持てない。それにそんなこと言ったら、あなたも他のみんなと同じように私を憎んだり嫌ったりするようになるかもしれない。でも言わないわけにいかなかったのよ。でもそれが本当のことであるにせよ、ないにせよ、私にはそれがはっきり見えるし、私ひとりの中にそれを止めておくことなんてできないから。怖いのよ、すごく。自分一人でそれを抱えきれないの。だからお願い、私のことを怒ったりしないでね。あまり責められると、私駄目になっちゃうの」
「ねえ、責めてなんかいないから、落ち着いて話して」と僕はユキの手をそっと握って言った。「君にはそれが見えるの?」
「そうよ、はっきりとそれが見えるの。こんなの初めて。あの人が殺したの。映画の中の女の人を絞め殺したの。そしてあの車で死体を運んだの。ずっと遠くまで。あの車、あなたが一度私を乗せたイタリアの車よ。あの車、彼のでしょう?」
「そうだ。彼の車だ」と僕は言った。「ほかに何がわかる?ゆっくり落ち着いて考えて。どんな細かいことでもいい。わかることがあったら教えてくれないかな」
彼女は僕の肩から頭をどかせ、二、三度試すようにそれを左右に振った。そして鼻で深く息を吸った。「たいしたことはわからない。上の匂い。シャベル。夜。鳥の声。それくらい。あの女の人を絞め殺して、あの車でどこかに運んで埋めた。それだけ。でもね、変な話だけれど、悪意というものがまるで感じられないの。犯罪というような感じがしないの。まるで儀式みたい。とても静かだわ。殺す方も殺される方もすごく静かなの。変な静けさ。私にはうまく表現できない。世界の端っこにいるみたいに静か」

她说了些什么,我终于明白了。在那一瞬间我的后背发凉。之后我什么也不能说。在毛毛雨中我一直看着僵硬的雪的脸。这怎么办为好呢?一切都那么致命的变形了。我的手什么也不能承担。
“对不起了。也许我不必讲这些事。”雪说。接着深深地喘了一口气。她把紧紧握着我胳膊的手放开了。“直接说,我也不明白。虽然我感觉到那是事实,但我也不确信那到底是真的还是假的。可是说了那样的事,也许你和其他人一样会很我嫌弃我。可是我不得不说。不管它是不是真假,我很清醒地看到,我一个人是不能只放在自己心中。害怕,非常。我一个人承受不住那些。所以希望,不要对我发怒。若是责备太深我就完了。”
“那个,不会责备,请沉静地说下去。”我轻轻握着雪的手说。“你能看到那些?”
“是的,能清楚地看到那些。在刚开始,那个人杀了。把电影中的那个女人给绞杀了。然后用那辆车把尸体运走,运到很远的地方。那辆车,就是你曾经让我坐过的奔驰车。那辆车是他的吗?”
“是的。是他的车。”我说。“之外还知道什么事?请慢慢地沉静地考虑。有什么细节都可以。若有知道的事能不告诉我吗?”
她把头从我的肩上移开,有二三次似地试着左右摇摇头。然后用鼻子深深呼吸一次。“其它事就不知道了。上面的味道、铲子、晚上、鸟叫声,就这些。把那位女人绞死,用那辆车运到什么地方埋掉。就这些。可是呢,虽然奇怪的事,却并没有感到什么恶意。并没有犯罪的感觉,就像仪式那样。非常寂静。杀人方和被杀方都极其寂静。奇怪地寂静。我不能那样很很好地描写出来。就像是世界的那一端那样的寂静。”
回复

使用道具 举报

您需要登录后才可以回帖 登录 | 注~册

本版积分规则

快速回复 返回顶部 返回列表