咖啡日语论坛

 找回密码
 注~册
搜索
查看: 341|回复: 1

[其他翻译] 「ダンスダンスダンス」の翻訳(354)

[复制链接]
发表于 2017-12-9 16:55:02 | 显示全部楼层 |阅读模式
42(4)
僕は肯いた。「そうだね、彼はそう思っていた」
「彼は私を殺したかもしれない。彼にとってはそうなの。彼にとっては、彼は私を殺したの。それは必要なことだったのよ。彼は私を殺すことで自分を解決することができたのよ。私を殺すことが必要だったの。あの人はそうしないことには何処にも行けなかったのよ。可哀そうな人」とキキは言った。「でも私は死んでいない。ただ消えただけ。消えるの。もうひとつの別の世界に移るの。となりに並行して走っている電車に乗り移るみたいに。それが消えるっていうこと。わかる?」
わからない、と僕は言った。
「簡単よ、見ていて」
キキはそう言うと床を歩いて横切り、壁に向かってどんどん歩いて行った。壁の前まで来ても歩調を緩めなかった。そしてそのまますっと壁の中に吸い込まれて消えた。靴音も消えた。
僕はずっと彼女が吸い込まれた壁の部分を眺めていた。それはただの壁だった。部屋の中はしんとしていた。光の塵だけが相変わらずゆっくりと空中を漂っていた。こめかみがまた少し痛んだ。僕は指をこめかみにつけ、じっとその壁を見ていた。あの時も、あのホノルルの時も、彼女は同じように壁に吸い込まれていったんだ、と僕は思った。
「どう?簡単でしょう?」というキキの声が聞こえた。「あなたもやってみれば」
「僕にもできる?」
「だから簡単だって言ったでしょう?やってみなさいよ。まっすぐそのまま歩いていけばいいのよ。そうすればこっち側に来られる。怖がっては駄目よ。何も怖くないんだから」
僕は電話機を持ってソファから立ち上がり、コードをひきずりながら彼女が吸い込まれたあたりの壁に向かって歩いて行った。壁が迫ってくると僕は少しひるんだが、それでも歩調は緩めずにそのまま壁に当たっていった。でも体が壁に当たっても、何の衝撃もなかった。僕の体は不透明な空気の層をすりぬけただけだった。空気の質がちょっと変化したような気がしただけだった。僕は電話機を下げたままその層を抜け、そして僕の部屋のベッドに戻った。僕はベッドに腰をかけ、電話機を膝の上に置いていた。「簡単だ」と僕は言った。「すごく簡単だ」
僕は受話器を耳にあててみたが、それは夢なのだろうか?
夢だ、たぶん。
電話は切れていた。

でも誰にそんなことがわかる?


  我点头。“是的。他是这样想。”
  “也许是他把我杀了。对他来说应该是这样。对他来说,是他把我杀了。那是很有必要的事情。她通过杀我就可以解决自己得事情。杀我是很有必要的。他不那样做哪里也不能去。很可怜的。”奇奇说。“可是,我并没有死。只是消失而已。消失罢了。已经转移到另外一个世界里。就像在旁边乘坐并行的电车那样,就是那样消失了。明白了吗?”
不明白。我说。
“很简单,你看一看。”
  奇奇说完之后横跨地板,面向墙壁走过去。到了墙壁跟前也没有放缓脚步。直接走入到墙壁中消失了,连那鞋音也消失了。
   我傻傻地看着把她吸进去的那块墙壁。那只是墙壁罢了。房间安静下来。光柱中的尘埃照旧慢慢在空中漂着。太阳穴还有点痛,我用手指点了一下太阳穴,死盯着那块墙壁。我想,在那个时候,在火奴鲁鲁的那个时候,她也是这样被墙壁吸了进去。
  “怎么,就这么简单而已。”听到了奇奇的声音。“你也尝试一下。”
  “我也能这样做?”
  “说是那么简单,你做做看。就那样直直地向前走就可以了。那样做就能来到这个世界。若是害怕是行不通的。什么也不要怕。”
  我拿着电话机从沙发上站了起来,拽着电话线朝着她被吸进去的墙壁走过去。走近那墙壁时有点害怕,尽管如此也并没有放缓脚步经直撞上墙壁。可是身体撞上墙壁后也没有任何冲击感。我的身体只是穿过了不透明的空气层。也略微感觉到空气的性质有点变化。我把电话机放下,抜开那气层,紧接着回到我房间的床上。我坐在床上,电话机放在膝盖上。“简单。”我说。“真是太简单了。”
  我把话筒放到耳边试了试,那场景是梦吗?
  是梦。大概是。
  电话已经断了。

  可是,谁能明白那样的事呢?
回复

使用道具 举报

您需要登录后才可以回帖 登录 | 注~册

本版积分规则

小黑屋|手机版|咖啡日语

GMT+8, 2019-2-16 04:02

Powered by Discuz! X3.4

© 2001-2017 Comsenz Inc.

快速回复 返回顶部 返回列表