咖啡日语论坛

 找回密码
 注~册
搜索
查看: 441|回复: 1

[其他翻译] 「ダンスダンスダンス」の翻訳(364)

[复制链接]
发表于 2017-12-29 22:39:22 | 显示全部楼层 |阅读模式
43(10)
七時に僕は彼女を起こした。
「ユミヨシさん、起きる時間だ」と僕は言った。
彼女は目を開けて僕を見た。そして僕の首にまた鼻をつけた。「すごかった」と彼女は言った。そして魚のようにすっとベッドを出て、裸で朝の光の中に立った。まるで充電でもしているみたいに。僕は枕に片肘をついて、彼女の体を眺めていた。僕が何時間か前に確かめ、封印したその体を。
ユミヨシさんはシャワーに入り、髪を僕のへア?ブラシでとかし、簡潔に的確に歯を磨いた。そして丁寧に服を身につけた。僕は彼女が服を着るのを眺めていた。彼女は白いブラウスのボタンを注意深くひとつまたひとつととめ、ブレザー?コートを着て、全身を映す鏡の前に立って皺もなくごみもついていないことを確かめた。ユミヨシさんはそういうことにはとても真剣だった。そういう彼女の仕種を見ているのは素敵だった。朝だという感じが伝わってきた。 「お化粧道具は仮眠室のロッカーに入れてあるの」と彼女は言った。
「そのままで綺麗だ」と僕は言った。
「ありがとう。でもお化粧しないと叱られるの。お化粧するのも仕事のうちなの」
僕は立ったまま部屋の真ん中でユミヨシさんをもう一度抱いた。ライト?ブルーの制服を着て眼鏡をかけたユミヨシさんを抱くのもまた素敵だった。
「夜が明けてもまだ私を求めてる?」と彼女は訊いた。
「とても」と僕は言った。「昨日より激しく」
「ねえ、こんなに激しく求められたのって初めて」とユミヨシさんは言った。 「そういうのってちゃんと感じるの。自分が求められているって。そういうことを感じたのは初めて」
「これまで誰も君を求めなかったの?」
「あなたのようにはね。誰も」
「求められるとどんな気がするの?」
「とてもリラックスする」とユミヨシさんは言った。「こんなにリラックスできたの久し振り。まるで温かい気持ちの良い部屋にいるみたいな気分なの」
「ずっとそこにいればいい」と僕は言った。「誰も出ていかないし、誰も入ってこない。僕と君しかいない」
「そこにとどまるのね?」
「そうだよ、とどまるんだ」
ユミヨシさんは少し顔を離して僕の目を見た。「ねえ、今日の夜もまたここに泊まりに来ていいかしら?」

七点钟的时候,我把她叫醒了。
“ユミヨシ,到起床时间了。”我说。
她睁开眼望着我。然后用鼻子顶我的脖子。“太厉害了。”她说。然后就像鱼那样快速地起了床,裸体站在晨光之中。就像在充电那样。我把一支肘子支到枕头上望着她的身体。望着几个小时前确认又封印的那个身体。
她淋浴,用我的梳子梳头,简洁认真地刷牙。然后认真地穿衣服。我望着她穿衣服。她细心地一个一个地系上白色衣服的扣子,穿上工作服外衣,她站在能照遍全身的镜子前面,确认衣服没有折皱没有尖埃。ユミヨシ对那些事都非常认真。看着她那样的举止也非常漂亮。早上的感觉传递过来。“化装用的工具放在休息室。”她说。
“就这样也很漂亮。”我说。
“非常感谢。若不化装就会挨训。化装也是工作之内的事。”
我再一次拥抱站在房间中央的ユミヨシ。拥抱穿兰制服并戴有眼镜的ユミヨシ,她还是那么漂亮。
“天亮之后又求爱了?”她问我。
“非常的,”我说。“比昨天还激烈。”
“这么激烈地被求爱还是第一次。” ユミヨシ说。“我深深地感受到了。自己被求爱了。有那样的感受还是第一次。”
“至今还没有谁向你求爱吗?”
“像你这样的,还没有。”
“被求爱的话什么样的感觉?”
“很轻松的。” ユミヨシ说。“能这样的轻松时间很长。就像呆在保有热情精神良好的房子中那样的心情。”
“若一直呆在那里就好了。”我说。“谁也不要出来,谁也不要进去。只有我和你在那里。”
“就停留在那里?”
“是的。停留在那里。”
    ユミヨシ稍微离开我的脸看着我。“那么,今天晚上我还要住在这里,可以吗?”
回复

使用道具 举报

 楼主| 发表于 2017-12-29 22:42:05 | 显示全部楼层
以前没有体验过这种幸福的女人。
回复 支持 反对

使用道具 举报

您需要登录后才可以回帖 登录 | 注~册

本版积分规则

小黑屋|手机版|咖啡日语

GMT+8, 2019-7-19 06:24

Powered by Discuz! X3.4

© 2001-2017 Comsenz Inc.

快速回复 返回顶部 返回列表