咖啡日语论坛

 找回密码
 注~册
搜索
查看: 643|回复: 0

[其他翻译] 学《书谱》学日语(33)

[复制链接]
发表于 2019-11-6 16:48:30 | 显示全部楼层 |阅读模式
孙过庭《书谱》原文、汉译文、日译文(33)

【原文】
虽学宗一家,而变成多体,莫不随其性欲,便以为姿:质直者则径侹不遒;刚佷者又倔强无润;矜敛者弊于拘束;脱易者失于规矩;温柔者伤于软缓,躁勇者过于剽迫;狐疑者溺于滞涩;迟重者终于蹇钝;轻琐者淬于俗吏。斯皆独行之士,偏玩所乖。

【汉译文】
虽是宗师学习同一家书法,却会演变成多种的体貌,莫不随着本人个性与爱好,显示出各种不同的风格来:性情耿直的人,书势平直而缺遒丽;性格刚强的人,笔锋倔强峻拔而乏圆润;矜持自敛的人,用笔过于拘束;轻率简慢的人,常常背离规矩;个性温柔的人,毛病在于绵软;脾气急躁的人,下笔则过于轻疾;生性多疑的人,则沉涵于凝滞生涩;迟缓拙重的人,最终困惑于迟钝;轻烦琐碎的人,多受文牍俗吏的影响。这些都是偏持独特的人,偏颇不认真所导致的错误。

【日译文】
書は一つを手本として学んでみても、変化して多くのスタイルとなり、学ぶ人の個人的な性向に従って様々な姿をとる。質朴でまっすぐな人は、ぶっきらぼうでしなやかさのない字となり、強情でねじけた人は、屈強ではあるが潤いのない字となり、几帳面で慎み深い人は杓子定規となり、おおざっぱな人は決まりを失ってしまい、温和従順な人は軟弱に流れ、せっかちで勇み足の人は脅迫しているような字に、疑い深い人は滞った字に、鈍重な人はのろのろした字に、軽はずみの人は役人くさい字になってしまう。これらはみな独行の士と言え、偏向が逸脱をもたらしたと言える。
回复

使用道具 举报

您需要登录后才可以回帖 登录 | 注~册

本版积分规则

小黑屋|手机版|咖啡日语

GMT+8, 2020-12-1 13:23

Powered by Discuz! X3.4

© 2001-2017 Comsenz Inc.

快速回复 返回顶部 返回列表