注~册 登录
咖啡日语论坛 返回首页

的个人空间 http://coffeejp.com/bbs/?0 [收藏] [复制] [RSS]

日志

080209野蛮的相扑训练

已有 1590 次阅读2008-2-9 17:43 |个人分类:《天声人语》

080209野蛮的相扑训练

 

 「似て非なるものを憎む」は中国の孔子の言葉とされる。畑に生えて穀物を害する雑草は、穀物の苗によく似ている。うわべだけの似非(えせ)君子がはびこっては道徳を損なう――と弟子に憤りを語ったそうだ

 

  “恶似而非者”,人谓中国孔子所言。据说他老人家曾愤愤地对弟子说:田里危害庄稼的杂草长得却极似庄稼。道貌岸然的伪君子横行则道德沦丧。

 

相撲部屋という「畑」にも、けいこにまじって、暴力という「似て非なる雑草」がはびこっていた。時津風部屋の若手力士、斉藤俊さんが急死した事件で、当時の親方と兄弟子3人が逮捕された。だが、「この部屋だけか」という疑念がぬぐえない

 

在相扑部屋这块“田”里,杂生于训练之中的暴力这一“似而非的杂草”也很茂盛。因时津风部屋的年轻力士齐藤俊的暴死,当时的师傅和师兄3人已遭逮捕。尽管如此,“就此一家吗?”的疑惑并不会随之而去。

 

兄弟子らは斉藤さんを鉄砲柱に縛りつけた。平手で何十発もはたき、木の棒で激しく打ち据えたという。さらに30分におよぶ「ぶつかりげいこ」で土俵に倒しては、金属バットで殴ったりした。斉藤さんはぐったりとなった

 

  据说师兄们将齐藤绑在练习撞击的铁砲柱上,扇了他几十个耳光,用木棍狂揍,之后还实施了30分钟左右的“撞击练习”将他不断摔倒在土俵上,还用金属棒抽打。最后,齐藤就瘫成一堆烂泥了。

 

土俵はむろん、鉄砲柱も修練を積むための設備である。神聖をうたう場での集団暴行は、穀物の畑に、雑草が堂々と茂っているさまを思わせる。「かわいがり」という隠語は、旧弊を大目に見る、あうんの了解にも聞こえる

 

  土俵自不用说,铁砲柱也是练功用的家什。神圣的练功场上的集团暴力,叫人联想到庄稼地里的杂草长得堂而皇之、欣欣向荣的景象。“疼爱”这样的专业隐语表达了对此旧鄙的姑息,以及金刚力士们的对此旧鄙的容忍。

 

戦前に玉錦という名横綱がいた。小兵ながら猛げいこではい上がった。生傷が絶えず、絆創膏(ばんそうこう)だらけの姿は「ボロ錦」と呼ばれた。当時のけいこは荒く、厳しさもひとしおだったらしい

 

  战前有位著名的横纲名叫玉锦。他虽然身材矮小却靠魔鬼训练脱颖而出。身上连连挂彩,胶带贴得满身都是,人称“褴褛”。当时练功之严酷、粗暴似乎尤为其甚。

 

そのさまは文壇きっての角界通だった舟橋聖一の『相撲記』に詳しい。要領をおぼえて体を楽にさせる者は大成しない、と作家は言っている。だが耐えるのは「けいこ」であって「暴力」ではあるまい。角界をあげて似て非なるものを絶つ決意こそ、無念の死へのつぐないである。

 

文坛头号相扑专家舟桥圣一在其《相扑记》一书中对此记述甚详。他说,掌握要领而不劳其筋骨者终难成大器。可是,要经受的毕竟是“训练”而不是“暴力”。只有整个相扑界下决心来铲除这些“恶似而非者”,才算得上对枉死者的赎罪。

 

相关链接:

 

相扑力士猝死案警方逮捕其师傅和师兄 

 02.07 21:53

  【共同社27日电】针对日本大相扑时津风部屋(相当于俱乐部)序口级选手时太山(当时17岁,本名齐藤俊)去年6月在爱知县犬山市练习后猝死一案,警方认为其死亡原因是遭受了以惩罚为目的殴打。爱知县警方搜查一科和犬山警署7日以涉嫌伤人致死,逮捕了前时津风部屋师傅山本顺一(57岁,退役前为小结级选手双津龙)以及参与殴打的三名师兄。

 

  警方认为,死亡前一天师兄们对死者的殴打以及死亡当天的撞击对抗练习已经超出了普通训练的范围,应被视作伤害他人的行为。日本相扑协会现存资料显示,这是首次由于训练而逮捕相扑师傅和在职选手。

 

  共有6名死者的师兄参与连续两天的殴打。警方对其中3名仅参加了撞击对抗练习的师兄进行了书面送检,并未实施逮捕。

 

  调查显示,山本去年625日用啤酒瓶击打逃出部屋的齐藤,并命令其他弟子也参与殴打,之后3名同部屋的师兄用金属棒等凶器殴打齐藤。26日在山本的命令下,5名弟子强迫齐藤进行了30分钟以上的撞击对抗练习,该练习一般仅进行5分钟,从而致使齐藤死亡。(完)

 

  


雷人

鲜花

鸡蛋

路过

握手

评论 (0 个评论)

facelist doodle 涂鸦板

您需要登录后才可以评论 登录 | 注~册

小黑屋|手机版|咖啡日语

GMT+8, 2020-12-1 11:08

Powered by Discuz! X3.4

© 2001-2017 Comsenz Inc.

返回顶部