咖啡日语论坛

 找回密码
 注~册
搜索
查看: 1506|回复: 1

在日中国人研修生の約7割が廉価労働力に

[复制链接]
发表于 2015-2-4 11:53:21 | 显示全部楼层 |阅读模式
日本・大分市は15日、湖北省武漢市が派遣した中国人農業研修生150人を受け入れた。日本では、技能実習・研修生制度が1993年に実施されて以来、毎年平均5万人の外国人労働者(最長3年間)が増えている。しかし、大部分の外国人研修生にとって、日本企業は新しい知識や技術を学ぶ場ではなく、実質的には何の社会保障もなく、低報酬で働かされる、廉価労働力となっている。

■中国人研修生の声「日本へは行くな」

 徐英さん(40)は、2012年の初めに岐阜県の縫製工場に研修生として派遣された。この縫製工場には、他に7人の中国人研修生が働いていた。徐さんは毎日15時間近く働き、週末は1日中残業、毎月平均200時間の残業を行っていたが、月収はわずか12万円(約6200人民元)だった。以前働いていた上海の縫製工場の最高月収は5000元(約9万4900円)に達していた。

 徐さんは、ある日、岐阜県の最低賃金が時給738円であることを知った。一方、同工場の中国人研修生の賃金は、基本給が5万円、残業代が時給300~400円だった。

 徐さんは憤りを隠せない様子で、「中国で働いていた時は、休日もあり、家族や友人とも一緒に過ごせる時間があった。日本に来てからは、家族や友人と疎遠になった。給料も若干しか上がっていない」と語った。

 そこで徐さんは、工場に岐阜県の最低賃金を支払うように求めたところ、工場側はそれを拒否し、徐さんはいきなり解雇された。徐さんは、日本の労働組合にこの件を訴え、日本に引き続き滞在できることになった。しかし、給与の引き上げ交渉は全く進展が見られない。「帰国したら、みんなに言いたい。日本へは行くなと」。

 法務省の統計によると、2014年6月の時点で、日本国内に16万2000人の外国人研修生がいるが、そのうち10万人が中国人研修生だという。また、1993年に技能実習制度がスタートして以来、日本を訪れた外国人研修生は80万人を超え、そのうちの70%を中国人が占めている。




回复

使用道具 举报

发表于 2015-9-1 08:30:18 | 显示全部楼层
收集豆豆50,所以不好意思
回复 支持 反对

使用道具 举报

您需要登录后才可以回帖 登录 | 注~册

本版积分规则

小黑屋|手机版|咖啡日语

GMT+8, 2019-7-19 06:26

Powered by Discuz! X3.4

© 2001-2017 Comsenz Inc.

快速回复 返回顶部 返回列表